伊勢神宮へ一泊二日おススメルート 宿、交通手段

【お伊勢参りおススメルート】

1日目 4月10日

東京から8時20分発ののぞみで名古屋へ。名古屋から近鉄の「しまかぜ」に乗って伊勢市まで。

起業家仲間とご一緒しました。

右:日本メンタル美容協会 小松加代子さん

真ん中:花嫁プレスクール校長 村田弘子さん

「しまかぜ」は1日2本程度しか出ていません。
ぜひ、乗ってみたい!ということで、朝の新幹線の時間を決めました。

しまかぜの洋風個室はとっても快適空間でした。テレビや、エアコンも付いていて、ケーキやランチも注文できるの。もっと乗っていたかったくらいでした。

ティールームもあり、お食事やお茶もできます。
覗いたら空いていました。

個室にいなくても、ティールームにずっといてもいいくらいです。

あっという間に「伊勢市」駅に到着。 名古屋から1時間40分。

駅を出て左手にいくと手荷物預かり所があります。荷物を宿へ配送してもらいました。

身軽になり、まずは腹ごしらえ。

お寿司どころの「桂」にて、ランチ。
伊勢名物の手ごね寿司を取るか、松坂牛を取るか、迷いに迷いながら、それぞれが違うものを注文。

たまたま、ランチについていた伊勢うどん。

三人とも初めての伊勢うどんに感激!大アナでした。
ここで、食べたのが一番美味しかったです。忘れられない手打ちうどんと、甘いタレ。もう一度食べに行きたいです。

4月はじめの平日は、参道もガラガラです。地元の人もびっくりするくらい空いていました。

外宮まで商店街を通り抜け、中に入ると空気が違います。

外宮をひと回りするのに、お賽銭がたくさん必要でした。

お参りが終わったら、赤福のお茶屋さんで一服。

内宮行きのバスに乗り、猿田彦神社で降りました。

猿田彦神社は道開きの神さまです。

夕方4時になったので、そろそろ今日の宿まで歩いて移動。

途中タイムスリップしたようなおかげ町を通り、赤福本店を通り過ぎ、五十鈴川を渡りました。

そこから5分くらいでお宿に到着。

とっても癒されるお宿でした。
「いにしえの宿伊久 」おすすめです。

お風呂も、ご飯も、お布団も、お部屋も、そしてサービスも最高でしたよ。

 

関連記事

  1. 【通信卒業生の告白】ちまたのダイエットに浮気したばっかりに大…

  2. 国立新美術館へサンシャワー展とポールボキューズランチ

  3. バルミューダ扇風機 ゆらぎの風で高原にいるよう

  4. 深大寺温泉へ 奇門遁甲 飛鳥跌穴

  5. アンダーズタヴァン再び 一休.comプランランチ評価は

  6. 日光東照宮へのアクセスと奥の院ほてるとく川宿泊評価

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。