錦糸町にある五柱稲荷神社の仕事運の御利益がすごい!

こんにちは、三田智子です。

アメブロでも有名な桜井識子さんの本を読みました。たまたまアマゾンのサイトで何かの本を探していたときに関連書籍で見つけたものでした。

本はこちら

神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ (幻冬舎単行本)

     

 

その本に書かれていた錦糸町にある神社がとても気になって、どうしても行きたくなりました。

みなさんもこの本を読んだらきっと行きたくなるはずです!!ぜひ本をお読みくださいね。

 

今朝、6時半に家を出て7時前に錦糸町にある例の神社に向かいました。到着した時はまだ戸が閉まっていました。

このガラス戸ではなく、トタンの雨戸といったようなものががっちり閉められていました。横でお掃除をしていた年配の優しそうなご婦人に声を掛けたら、戸を開けてくださいました。

7時オープンだそうです。

空気入れ替えのためにか、お賽銭箱の上のガラス戸もあけていたので、

上に上がってお参りさせていただいてもよろしいですか?

と、申し上げたら、ご婦人はほんのちょっとだけ躊躇して、

「ええ、どうぞ。構いませんよ」

と、おっしゃってくださいました!

心の中で「やったー!」と大喜び・・・したのもつかぬ間、本当に上がってよかったのか?お稲荷さまは許してくれるのか、入ってからちょっと心配になりました。

私の自己紹介、お願い事をじっくりと申し上げて、最後にパンパンと二拍手。

その後、記念に内部を撮影させていただきました。

ふと気が付くと、ご婦人は私が終わるのを待っていたようで、こちらを見ていました。

こちらの神社のお札がおいてあったので、買い求めることにいたしました。

700円とのことでしたので、1000円出しておつりはお納めいただきました。

「櫻井識子さんの本を読んで来ました」というと、その方も櫻井識子さんの本は読まれたそうです。が、どんな方は存じ上げませんとのこと。本が出てから参拝する方も増えたそうです。

あまり長居をするのも悪いかな、と思い早々に家に帰りました。

やはりお水は出ていませんでした。ペットボトルのお水を持って行った方がよかったかな。私は、ウエットティッシュで清めたつもりでお参りしました。

本日午後4時ごろ、猛暑の中外出先から帰り若干熱中症気味でベッドの上でうとうとしていたら、あさ出版の編集の方から電話がかかってきました。

「三田先生!またまた重版決定です!おめでとうございます!!!」

担当者さんのハイテンションな声でした。

最初の重版決定の時も、私はお昼寝中で、ハイテンションな担当の方の電話をよそに「え?ああ、ありがとうございました」となんとも気が抜けた返事をしてしまったのでした。

今回も、また同じような状況で『果報は寝て待て』とはよく言ったものです。

拙著、初版の「40代からの食べてやせるキレイな体のつくり方」(2018年5月18日に出版)の発売の時には、重版を狙いたい気持ちでいっぱいでした。

もちろん自分のためもありますが、何より一生懸命な編集者さんや、応援してくださった方々のためにも頑張らなくてはいけないと必死だったのです。そのために、神様のお力をお借りしたい!と、前述の櫻井識子さんの本を読み漁り(全ての著書を読みました)、平将門さまのところや、東京大神宮、明治神宮、そして、箱根の九頭龍神社までお願いに行きました。

その甲斐あってか、出版後、1ヶ月も経たないうちに重版が決まったのでした。

最初の重版のお願いしに行った神社などはお礼参りをほぼしていて、あとは箱根の九頭竜神社へお礼参りをと思っているところです。せっかくなので、再重版のお礼もかねて近々伺いたいと思っています。

本が1日で700~1000冊近く出版されしかも本が売れなくなっている今日、重版になるということは結構大変なことのようです。

ましてや、私のような無名で、しかも初めて本を出すというこんなおばさんの本など、出版社さんは全然期待してはいなかったようです。

ついこの前の7月19日に、重版記念パーティーを開いたところだったのに、それから、半月もしないうちに、再重版のお知らせで、今日はいささかびっくりしました。

そして、、

「あ、きっと五柱稲荷神社のご利益だ!!!!!」

と、じわじわとありがたさを感じ始めています。

実は、神様?お稲荷様?にお願いしたことは、重版のことではありませんでした。しかし、予想もしていなかったことも起こるということで、これからきっとお願いも叶うのでは?と、期待しています。

これを読んだ皆様も、ぜひ神様のお力をお借りしたい!という方は、お参りにいらしてみてください。

でも、お稲荷さんへ何度もお参りに行かれないのならやめた方がいいそうです。それらの、お願いが叶う仕組みというか、タブーなどは、櫻井識子さんの本やブログでお勉強してからいらしてくださいね。

五柱稲荷神社 http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/sumida/2958/

桜井識子さんのブログ https://ameblo.jp/holypurewhite/entry-12353282172.html

 

[ entry_mail]

関連記事

  1. バルミューダ扇風機 ゆらぎの風で高原にいるよう

  2. ハンドソープおススメ 梅雨のジメジメをすっきり乗り切るために…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。